コンテンツへスキップ

タカベリベンジ@熱海港

熱海港でタカベ釣り

塩焼きが最高に美味い、小さな高級魚タカベ。前々回の熱海ではスレ掛かりで1匹、前回の熱海港では完敗し、半日かけてタカベの餌付けに終わりました。足元にたくさん泳いでいるものの、スキンサビキ5号でもトリックサビキ3号でも全く喰わず、コマセだけ器用に食べて去っていきます・・・。

悔しかったのでタカベ仕掛けの対策をし、子供と一緒に本日再度熱海港に行ってきました。

開場直後はタカベの姿がなく、カサゴ狙いで足元に落とし込みます。釣り上げたベラとハオコゼとカサゴ8cmは全てリリース。

船道際あたりでカワハギでも釣れないかなと考え、投げ釣りに変更してメゴチを3匹ゲット。20cm~16cmとまぁまぁなサイズです。この角度で見るとツチノコっぽい。

そうこうしているうちに、上層にタカベ様の姿が見えてきました。前回の反省からとにかく目立たない仕掛けを用意。細軸袖針3号、ハリス0.6号のウキフカセ釣りです。タカベ様のためだけに持ってきた2号磯竿5.3m。ウキは中通しの3B。撒きエサもくわせエサもアミエビ。オキアミだと全然喰いません。

潮が澄んでいて底まで目視できる状況。少しでも針が光ると避けていくので、堤防手前の日陰ゾーンに仕掛けを投入しコマセをまいて誘います。

アミエビの付け方が甘くて針の軸が目立つと喰いません。。本当に目が良い魚です。とにかく慎重にアミエビを刺して子供と2時間でタカベ11匹+スズメダイ1匹を釣り上げました。タカベのサイズは16cm。

タカベ釣り

タカベはこのサイズでも結構引きが強くて楽しめます。しかし、熱海港でこんなに真剣にタカベ釣りしている人はいないような気もします。。

陽が昇ってからは海面の日陰がほぼ無くなってしまい、アミエビをどれだけ工夫して付けても釣れなくなってしまいました。曇りや濁り潮なら苦労せず釣れるのかもしれませんが何とかツヌケしてタカベは終了。

今日は13時過ぎからイワシが回ってきました。大型魚に追われている雰囲気ではなさそうなので、極細タカベ仕掛けのままイワシ釣りに転向です。

さすがにイワシは針が光っていても全くお構いなしで、バンバン釣れます。子供のスキンサビキとあわせて小1時間で38匹。泳ぎまわる姿が大きかったのでウルメイワシだと思いきやカタクチイワシでした。サイズは12cm~16cm。

15時過ぎてもイワシの回遊は続いていましたが、帰路が渋滞し始めたようなので納竿です。思いのほか大漁で楽しかったです。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

「タカベリベンジ@熱海港」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 熱海港でワカシ&タカベ釣り | うみづり研究所

コメントは受け付けていません。