コンテンツへスキップ

100均の竿先カバーを買ってみた

3連休の中日。昨日大雨だったこともあり、近場の釣り場はどこも激混み。海のコンディションはどうだったでしょうかね。水面のゴミとか風が酷くなければ釣り日和でしたね。

自分は今日は休釣日で買い物へ。先日パックロッドの竿先カバーを紛失してしまい、何かカバーが欲しかったところ。100均の釣具コーナーに立ち寄ってみると、結構釣具が充実してますねー。ルアーとかグッズとかいろいろ揃ってます。

セリアとダイソーそれぞれで「竿先カバー」を見つけたので、試しに両方買ってみることに。ちなみに今日はどちらのお店もワンサイズのみの品ぞろえでした。写真左がセリア、右がダイソー。さっそく開封の儀。

100均の竿先カバー

袋の説明書きを読んでも対応サイズの説明はイマイチ分かりにくいですが、太さ20mmまでのブランク(竿本体)に対応している模様。パックロッドは15mm弱なので少し余裕がありそうです。見た目はセリアの方が黒っぽく、少しばかり高級感?があります。

100均のトップカバー

セリアのカバーは「HQ-20」、ダイソーのカバーは「20」と書かれています。文字と色以外の形状はほぼ一緒。

竿のカバー

どちらもケース先端にはスポンジが詰めてあり2個の比較ではセリアの方がスポンジに厚みがあります。ただ、スポンジの厚みとかは個体差があるかもしれません。ちなみに自分はコンパクトロッドは紐に吊るして保管しているため、この上部がフック型になっている竿先ケースはありがたいです。富士工業のトップカバーはモデルチェンジでフック型ではなくなったのが残念。

それではパックロッドに装着。品質的には何の問題もなさそうです。

カバーの全長がやや長いものの、ベルトを締めれば緩みなく竿先をカバーできました!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村