サーフからの遠投カゴで黒鯛ゲット

今日は明け方に箱根を超え、静岡(の)サーフに釣行です(ちなみにこのサイトでは静岡県内のサーフへの釣行は全て静岡サーフと書いており、県内エリア名の静岡サーフ以外の釣行も含んでます)。さて、道中の箱根峠は気温14度&夜霧で真っ白。冬が来たかと思いましたが、下界に降りると晴れ間が見え、気温も20度に上がり丁度良い気候です。朝6時に目的地に到着。

木曜ということで空いており釣り座は難なく確保。ただ、周囲のルアーの方の様子を見ていると釣れていない様子です。海水の手前側が白っぽく濁っており、前日の雨の影響が出ているのかもしれません。

遠投カゴで黒鯛釣り

道具のセッティングをして遠投カゴ開始。やはり魚の気配がなく、何回投げてもウキが沈みません。。棚を3m~12mの間でいろいろ変えてみたものの、どうも調子が悪いです。

7時、8時と時間が経つにつれ、日の出前から居たであろうルアーの方々が休憩や片付けに入りました。自分はまだまだ頑張ろうと打ち返し続けていたところ、9時前になって本日初めてウキが沈みました。

棚と時間的にソウダが来たかな?と思いましたが、ソウダにしては引きが重くあまり横にも走りません。ここでバラシたら今日は二度と掛からないかもと慎重に巻き上げます。浜辺にウキが近づいてきました。水中に銀色の魚影が見えます。竿を引いて浜辺に引き上げたところ綺麗な魚体の黒鯛でした。やはり黒鯛はカッコイイ。ちなみに前回大黒で子供が釣った黒鯛は湾奥のせいか真っ黒で釣り上げた時から磯臭かったのですが、水質の違いなのかこの黒鯛はあの匂いはしませんでした。

この調子で他の魚も釣れ始めるかなと期待したものの、潮濁りのせいなのか残念ながら後が続きません。さらに、沖合で突然ウキがスイベルから外れるトラブルが。レスキューを持って来ていたので無事に回収できましたが一瞬焦りました。レスキューと言えば、数日前の熱海でも隣の方が高切れでウキを流してしまい回収してあげたばかり。なぜか最近レスキュー使用率が非常に高いです。

そうこうしている間にも時間が経ち、既に左右数百m範囲に居た釣り人は全員撤収していることに気づきました。時間も11時近くになり、朝からずっと潮の濁りがあって青物は釣れなさそうな雰囲気だったので自分も納竿です。釣り場近くの釣具屋を数軒回って帰宅しました。

釣った黒鯛のサイズは38cm。遠投カゴで初めて黒鯛を釣りました。刺身と煮付けとムニエルで食べましたが、臭みがなく脂も乗ってて美味しかったです。

遠投カゴで黒鯛

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村